-デジタルカメラ館-


※メインサイト「富士彩景」はこちらからどうぞ!

  • IXYデジタル
  • EOS D60    
  • EOS 40D
  • EOS 5Dマーク?    
  • EFレンズ


    IXYデジタル
    パソコンで管理できる手軽さフィルムを購入する必要がない理由で初代IXYデジタルを購入しました。このカメラを選択したポイントは

    ?デザインがシンプルで良い
    ?携帯性が良い
    ?コンパクトなのに200万画素ある(この当時は200万画素主流だった)
    ということです。

    富士山の撮影に行かない時は普段家族などのスナップ写真を撮影することが多いのですが携帯性がよく胸ポケットに入るのでいつでもどこでもすぐに撮影が可能になりました。但し良いことばかりではなく欠点もあります。
    1つ目は低温に弱く専用電池の持続力が悪いことです。
    朝方など気温が低い場所で撮影をしていると電池が満充電してあるにもかかわらず電池交換を促されたりします。そのため現在予備電池を 含めて3個専用電池があります。
    それでも3個全て使用できないことがありますので撮影前はズボンのポケット等体温が伝わりやすい場所に入れるなどしてある程度暖めて おくと電池の持続が良くなります。

    2つ目は現在発売されているカメラのほとんどにある機能ですが、動画の撮影ができないことです。使用されている方は少ないと思いますがHPで動画を利用したコーナーを追加したいのですが新機種を購入するまでは残念ながら実現できないですね。サンヨーから発売されているデジカメは動画撮影にも重点を置いてるようでDVカメラ並の映像が撮影できるようです。
    また2011年現在においてはHD動画になっておりハイビジョン画質で撮影ができるのが殆どです。
    しかし上記の2点を除いても飽きのこないデザインと携帯性が非常に気にいっていますのでIXY50を購入するまでは数年使用していました。

    次期機種を購入するとしたら
    ?デザインと携帯性・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・これは必修ですね。
    ?バッテリーの寿命と寒冷地に強いかどうか・・・・・・・リチウム系の電池が寒さ等バランスにすぐれているかも。
    ?動画機能がついてること・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・30フレーム/秒
    ?電源ONにしてすぐにシャッターが押せること・・・・・・・・・・・・初代IXYデジタルはONにしてからシャッターが切れるまでにタイムラグが長い
    ?300万画素クラス以上であること・・・・・・・・・・・・・・・・A4プリントに綺麗に印刷できること
    但しこれも2011年現在SONY WX5を購入することで不満は全て解消しました。


    EOSD60

    我が家のメインカメラだった銀塩カメラのEOS1NHSはどんな撮影シーンでも満足できるカメラでした。家族のスナップ、特に運動会などはその性能を十分に発揮してくれました。しかしIXYデジタルを購入後は 撮影画像をパソコンで管理ができる事と現像及びプリント代金の出費が必要ないためスナップなどの撮影にはほとんどIXYデジタルを使用するようになりました。しかしレンズ交換ができない、連射ができない、被写体の追尾ができないことなど不満だらけでした。

    2002年3月下旬にEOS D60が発売になったのを知ったのですがどの店にも在庫が無いとの情報をネットで知りました。しかも注文を入れてもいつ品物が手に入るかわからない状況のようでした。それほど購入者が多いようでかなり売れていたようです。
    EOS D60が発売される3、4年前に630万画素のキャノンDCS6000が発売されていましたが当時の値段がなんと360万円していたのを覚えていました。従ってEOS D60の298000円は普通に考えれば高いですがこのEOS D60はバーゲンプライスの感覚でした。(凄い錯覚!?)
    また既に発売されているEOS D30(300万画素)の評判もかなり良かったのでEOS D60の600万画素はかなり凄いカメラなんだろうと想像していました。
    とりあえず店頭に品物は無くてもカタログだけでも、もらいに行ってこようと思い量販店に出向きました。


    私「すいません、キャノンのデジカメですがEOS D60ってありますか?」
    と聞くと

    店員「大きな声では言えませんが、キャンセルがあり今なら一台だけ在庫ありますよ!」
    と耳打ちしてくれました。

    大きな声で言われても即購入できる金額ではないのですが在庫があること自体私も驚きました。
    私「ええ?!そ、そうなんですか!」

    自分自身何を考えてるのか取り置きしてもキャンセルは可能だろうからと
    私「すいません、キャンセルするかも知れませんが取り置きできますか?」
    って言ってしまいました。(無謀)

    店員「今日一日だけならOKですよ」
    と店員が言うのを確認してお目当てのカタログをもらい自宅へ帰りました。

    「家内になんて言おう・・・。」

    とりあえずデジカメの便利さと今後のフィルム購入と現像の必要なしを説明してパンフレットを家内に見せました。
    家内はまたいつもの衝動買い病が始まったと察知したようで飽きれていました。とりあえず当面買い物はしないことを条件に渋々購入をOKしてくれました。

    もともと子供の写真を含めフィルムの現像代がネガフィルム36枚で1回1500円程度かかることを分かってくれたようで理解を示してくれました。
    でも年間何本撮るんだろう?多い年で35mmフィルム36枚取り20本か?・・。元を取るには何年もかかるなあ^^;(爆)
    今回はかなり高い買い物でしたので少々興奮しました。しかも現金では購入できないので困ったときのボーナス払いで購入です。また今回は量販店お得意のポイント還元が15%(約45000円程)付加されたので撮影になくては困る記録媒体CFカード(マイクロドライブ1G)を購入しました。マイクロドライブ38000円也はポイントで購入できましたが高いですね。 撮影はこれ以上必要なのものはなくレンズはEOS1N HSで使用していたズームレンズが2本あるのでこれで間に合わせました。

    実際使用して1年以上経過しますが唯一不満を上げるとオートフォーカスの自動追尾が辛いことです。銀塩で使用していたEOS1N HSは被写体にピントを合わせることは得意でしたがEOS D60は子供の運動会など走ってる姿には ピントが甘いことが多いです。肝心なシーンでピントが外れてると悲しいのですがそこは何とか騙し騙し使用してます。新型のEOS 10DはAFの精度が上がったようですが買い替えの検討をしたりしましたが当時払ってる値段を 考えると下取りするにももったいなくそのまま使用することにしました。いずれは連射がEOS1D、画質はEOS1DS程度のカメラは欲しいですね。
    それ以外においてはすばらしくデジタルカメラの良さを十分に満喫しています。初めてA4に印刷したときは感動ものでした。プリンターはエプソンのPM800Cという1999年製の古いプリンターですがこのプリンターってこんなに綺麗に印刷できるんだと驚いた覚えがあります。またフチなし印刷ができない以外は私の目で見る限りでは十分綺麗に印刷してくれます。ただ実際はほとんど印刷しないでデジタルデータをそのままDVD+RW等に保存するなどして 実際の画像はパソコンで見るようになりました。

    現在我が家にあるEOS1N HSは深い眠りにつき自宅の置き物になりつつある状況です。そしてドナドナされて行きました。


    EOS40D

    2008年6月にキャノンEOS40Dを購入しました。EOS D60購入当時から不満があった機能面において進歩しているのとレンズキット購入の場合2万円のキャッシャバックキャンペーンをしているのでお買い得感が強く購入しました。EOS D60に比較してピント精度及び連射機能が上がっているのが魅力なのとEF−S 18−85mmレンズが結構使えるが魅力でした。

    ただこれは短命で翌年2009年2月に知人に売却しました。良いカメラでしたがどうしてもフルサイズカメラが欲しかったのが売却理由です。この時点での不満は

    1.ファインダーを覗いた時画面が小さい

    2.フルサイズではない

    3.動画が撮影できない

    などでしたが一方で良い面はこのカメラにはありました。

    1.連射機能が良い(秒速6.5駒)

    2.APSカメラとしては今も通用する機能面

    3.レンズにIF(手ぶれ補正)が付いておりマクロ撮影などに威力発揮しました。

    4.ライブビューがついていたが機能面で少々劣っていた。たとえば繊細なピント合わせができなかった。

    どちらにせよしかしどうしてもフルサイズに移行するステップにすぎなかったです。


    EOS5D マーク?

    2009年2月に念願のキャノンEOS5Dマーク?を購入しました。EOS D60購入当時からフルサイズセンサーのカメラが欲しかったのですがフルサイズセンサーカメラが各メーカーから出ている現在(2011年)では信じられないかもしれないですがEOS D60発売当時は600万画素でも高画素でハイスペックでした。おまけにフルサイズのデジタルカメラは販売されてませんでした。現在(2011年)は各社からフルサイズセンサーのカメラが多数出ていますが私がEOS D60を購入した頃はAPS−Cイメージセンサーが普及価格?で量産できるセンサーだったんですね。今ではフルサイズセンサーが量産できる時代ですから技術革新は凄いですね。

    さてEOS D60は欠点だらけでした。そりゃ何世代も前のカメラですから今更仕方ないのですが以下の不満がありました。有りすぎですが・・・

    1.ピント合わせが弱い(特に動く被写体についてはかなり厳しい)

    2.連射が秒間3コマ

    3.電池の持ちが悪い

    4.2000万画素主流の時代において600万画素は時代遅れ

    5.ライブビューがない

    6.液晶画面がみづらい

    7.APS−Cサイズなので焦点距離が1.6倍になる。広角レンズが標準クラスレンズになってしまう為新規にレンズを購入しないとならない。

    8.ファインダーを覗いた時画面が小さい

    など数え挙げると多く欠点がありました。

    EOS1N HSを使用していましたが明らかにレベルダウンなのは歪めなく騙しだまし使用していたのが実情です。
    EOS5Dマーク?を購入する前に実はEOS40Dを購入したのですがどうしてもフルサイズカメラが欲しくなりました。この頃4×5インチのカメラ、リンホフマスターテヒニカ4×5一式があったのですがも数年もの間防湿庫に眠っており今後も使用する予定もないのでオークションで処分しました。その資金を元にEOS5Dマーク?を購入しました。

    現在2011年においてはEOS5Dマーク?はモデル末期ですがこれからも現役で使用できるようなスペックを持っています。

    上記1〜8の不満はEOS5Dマーク?の購入で多少解消されましたが2番の連射機能が未だ秒間3.9コマで不満ですが最近は子供も成長し運動会などであまり連射することも少なくなったので必要ないかもしれないです。

    EOS5Dマーク?はフルサイズの2100万画素がなんと言っても魅力です。ではフルサイズって何を基本に?って方もいるかもしれませんので改めて説明します。

    フィルムカメラセンサーの規格はフィルムサイズが以前は35×24mmが基本でした。ところがEOS D60などの普及型デジタル一眼レフカメラはフィルムに相当するイメージセンサーがAPS−Cサイズと呼ばれています。以前APSフィルムカメラという35mmカメラよりもフィルムサイズの小さいカメラが販売されていた時期がありましたがそのEOS D60はイメージセンサーがAPSフィルムカメラとほぼ同等のサイズなんです。そのためAPS-Cという名称がついています。

    APS−Cのイメージセンサーはフルサイズの画面に対して写る範囲(画角)が狭く焦点距離が1.6倍になりました。どのレンズも全て焦点距離が多めにシフトします。そのため例えば今までの一眼レフフィルムカメラで使用していた広角レンズは焦点距離が35mmレンズだと35mm×1.6=56mmになり標準レンズと言われる50mmレンズよりも若干望遠気味になります。従って広角レンズが必要な場合レンズも新規に購入しなくてはなりませんでした。 その点EOS 5Dマーク?などはイメージセンサーがほぼ35×24mmなんです。そのため従来のフィルムカメラと画角が同じでAPSサイズのカメラと比較しても違和感なく使用できます。

    それでもまだこのカメラは富士山撮影においては私のメインカメラにはなりません。フィルムに比べ発色や絵が違いすぎます。そのため最近もまだフィルムを使用するペンタックス67?とEOS 5Dマーク?との二台体制で撮影しています。しかし仕上がりが全く別のものとなります。フィルムの生産がある限りメインカメラはペンタックス67?のままでしょう。余談ですがペンタックスからペンタックスD645というカメラが販売されています。定価が80万オーバーなので購入する気がおきないですが 色合いがベルビア調のモード゙があるそうなので気にはなります。

    現在EOS 5Dマーク?は富士山撮影以外においてはメインカメラでして他の風景写真、旅行などとても活躍しています。またフィルムカメラと比べデジタルデータなのでデータ管理がパソコンで出来るのも魅力の1つです。

    撮影した写真は全て日付別のフォルダに保存しています。例えば2011年1月1日に朝霧高原で撮影の場合「110101 朝霧高原」とフォルダに名称をつけて保存するので昇降順にデータが見られるので重宝しています。

    フィルムと違いデジタルデータなので消えても困らないようHDDは二台に保存してなおかつDVDメディアに保存もしてデータの消失がないように工夫しています


    EFレンズ群

    EF16−35mm F2.8L ?

    旅行においては必ず下記の24−105mmレンズの二本体制で使用しています。特に観光名所においては必須のレンズです。人物、風景、町並み、建造物など旅行においては欠かせないレンズです。

    作 例 ※画像をクリックすると拡大できます
    撮影地 六義園
    EF28−70mm F2.8L

    フィルムカメラであるキャノンEOS1NHSと同時期に購入したレンズで古いレンズですが24−105mmレンズを購入するまでは5Dマーク?とこのレンズの組み合わせで使用していました。しかし旅行などで望遠が必要なことも多く広角も少々弱いので今は24−105mmにバトンタッチしました。

    作 例 ※画像をクリックすると拡大できます
    撮影地 吉野梅郷
    EF24−105mm F4L

    とにかく万能のレンズです。何処に行くにもこのレンズとセットです。言うことなしと言いたいところですが少々逆光に弱いのでハレーションなどが起きやすいところが難点です。それでも旅行など撮影する場所どこでもOKなレンズなので手放せないです。

    作 例 ※画像をクリックすると拡大できます
    撮影地 オーストラリア ケアンズ
    EF70−200mm F2.8L

    今となってはIS(手ぶれ補正)もついてない初代望遠ズームレンズですが不満は特になく現在も現役で使用しています。

    作 例 ※画像をクリックすると拡大できます
    撮影地 神奈川県
    EF100−400mm F3.5〜F4.5L

    望遠側が200mmまでしかなかったので必要に迫られ購入しました。撮影スタイルで上記70−200mmと使い分けしています。

    作 例 ※画像をクリックすると拡大できます
    撮影地 城南島海浜公園
    EF100mm マクロ F2.8L IS

    一番使用していないレンズです。カメラを初めて何十年も経過しますがマクロ撮影はほとんとしたことが ないです。なのに購入したのはIS(手ぶれ補正)がついているのでマクロ撮影も楽しいかな思い購入しました。ところがマクロ撮影しないんですね。撮影した被写体は趣味の時計くらいです(苦笑)

    作 例 ※画像をクリックすると拡大できます
    撮影地 自宅


    インデックスへ戻る