☆☆ 撮 影 日 記(三つ峠編) ☆☆

今年に入って2回目の三つ峠に行ってきました。
1回目は1月10日の降雪後に行ったのですが今回はそれにも増して雪の量が多く NTT登山口から歩いて三つ峠山荘まで1時間30分かかりました。

起床は5時前の予定でしたが寝坊してしまい^^;5時20分に起きたので出発が遅れ朝焼けの時間に間に合いませんでした。 それでも1m以上積雪を記録した三つ峠で「雪景と富士山」を撮影する目的がメインなので(そう言い聞かせた) ゆっくりと歩いていきました。

機材:リュックサック(双六岳)、リンホフ45(レンズ6本一式)
   ペンタックス67ボディ+75mmレンズ、露出計、三脚(ベルボンカルマーニュ)など他

★ここで2月3日現在の御坂からの道路状況ですが三つ峠登山口の二股地点?までは 除雪してあるのでスタッドレスタイヤで問題無しです。
御坂1
137号線からトンネル手前右を曲がって間まなく
(注意:帰り道なので道が逆です)

御坂2
三つ峠登山口分岐に行く途中
(注意:帰り道なので道が逆です)

三つ峠分岐口
三つ峠入り口の看板があります。ここを右へ曲がります。
場合によってはチェーンが必要なこともあります。

三つ峠登山口途中
雪の壁にはさまれてましたが圧雪だったので走行は問題なしでした。
ただこの道は降雪後は除雪してない場合もあるのでチェーンを履くか
車を手前において歩くのが懸命でしょう。

さて登山開始です。歩く道幅は写真のように登山口から人ひとりが歩く幅しかなく線路のように決まったトレースを 歩くこととなりました。

登山登山入り口
「三つ峠NTT登山口」

三つ峠登山途中
「山荘のジープ」

半分くらい歩いただろうか?山小屋のジープがありました。4輪ともチェーンを巻き完全武装です。
ここからはジープやユンボが除雪してくれていたので歩くのは楽になりました。

三つ峠登山途中
ここは四季楽園と三つ峠山荘分岐を三つ峠山荘方面へあがって行く道ですが雪の壁が凄いです。 (注意:下山に撮影したので道が逆です。)

雪景と富士
息を切らせて撮影した写真がこれです。雪が踏まれてない場所を選択して撮影しました。

毛無山途中
毛無山へ行く途中ですがこれがまた雪がしっかりと踏まれてないので歩くと「ズボッズボッ」と膝まで沈みました。 連続して歩くと息が切れ大変でした。

毛無山
歩いて20分ほどあたりで撮影、一面銀世界でまぶしかったです。

撮影は2時間ほどこなし10時過ぎには下山しました。

下山は軽アイゼンなどがあるとすべりにくく安全ですのでぜひ用意しましょう!

ホームへ戻る