ニコンベルビアとフジGXF50Sの画像を比較

 撮影したデジタルデータは生データの現像をする場合、カメラメーカーが用意した専用のソフトウェアをパソコンにインストールをして各社のソフトの操作を覚えなければならなく、複数台のカメラを所有している場合結構大変でした。ライトルームの特徴は、 各種デジタルカメラに対応したプロファイルが実装されているので1本のソフトであらゆるカメラのカラー調整が可能な便利なソフトです。しかし現像時のルールが1つあります。例えばニコンで使用しているvividの色が好みだとしても他社に使用することが出来ないです。 つまり各種カメラに対応したカラープロファイルのみライトルームでは表示する仕様になっています。
 しかしこのプロファイルに少し細工をするとお気に入りのプロファイルを他社のデータに反映することが可能となります。細工については下記リンクを見ていただくとして、 人気のフジフィルムのベルビアプロファイルをニコンの撮影データに現像処理時に適用をしてフジフィルム機の写真にどこまで近づけるか検証をしました。比較する画像は富士山の 人気撮影ポイントである静岡県富士宮市の有名撮影ポイントで撮影をしました。

 使用したカメラは次の通りです。2台を三脚に固定して同一画角で撮影をしました。
1.ニコンD810 AIAF24-70mmF2.8ED
2.フジGFX50R GF32-64mmF4R LM WR
なおフォーマットが違うために同じ写真になるように画面のトリミングをしています。それでは見て行きましょう。

①ニコンデータはvivid・昼光 他のパラメータ変更なし
①ニコンデータはvivid・昼光 他のパラメータ変更なし
②フジデータはvelvia・昼光 他のパラメータは変更なし
②フジデータはvelvia・昼光 他のパラメータは変更なし ①と②の比較が分かりずらいのでJQERYを使用しました。スライダーで動かすと違いがわかります。
①ニコンデータはvivid・昼光 他のパラメータ変更なし ②フジデータはvelvia・昼光 他のパラメータは変更なし
プロファイルは、いずれもWBは「撮影時の設定」ですが2枚とも暗めだったので露光量をプラスにしました。現像未処理の状態では 見栄えが悪いですがフジの写真は既にvelviaの色合いが出ています。

 次に①と②について本来の現像処理をします。WB、ハイライト、シャドー、白レベル、黒レベル等の調整をして仕上げます。
③ニコンデータ・vivid(現像処理済)
③ニコンデータ・vivid(現像処理済)
④フジデータ・velvia(現像処理済)
④フジデータ・velvia(現像処理済)

③と④の比較をしましょう。2枚の写真をスライダーで動かすと違いは一目瞭然です。
③ニコンデータ・vivid(現像処理済) ④フジデータ・velvia(現像処理済)
フジはvelvia特有のフィルム使用時のような色合いになっています。現像方法の違いもありますがフジはシアン系が強めでニコンはマゼンタ系が強めです。花の部分は共に似たような色になっていますが空の色が違うのがわかるでしょうか? フジはvelviaのような発色をしています。いままでlightroomでニコンデータをvelviaをイメージして空の部分について調整するのですがこれがどうやっても出来ませんでした。好みはそれぞれに違うと思いますが、velviaは美しいですね。

それでは今回の目玉となりますが、ニコンの撮影データにニコン用ベルビアプロファイルを適用して現像します。④フジデータ・velvia(現像処理済)の写真に近くなるように調整をします。 下の写真のように富士山を拡大をして左のDSFC5132画像に近くなるように色合いの調整をしました。
ニコンデータとフジデータ現像時比較画像 ⑤ニコン用velviaプロファイル適用後、各種パラメータ変更
⑤ニコンデータはvelvia・各種パラメータ変更
④と⑤の比較をしましょう。2枚の写真をスライダーで動かして確認しましょう。
④フジデータ・velvia(現像処理済) ⑤ニコンデータはvelvia・各種パラメータ変更
いかがでしょうか?多少の違いはまだありますが、どちらの写真がフジのデジタルカメラで撮影したのかわからないくらいの仕上がりとなりました。ニコンデータにベルビアプロファイルは有効なようです。 他のデジタルカメラにもベルビアプロファイルは有効で、あらゆるプロファイルデータを多様に適用することが可能です。
以前の記事で詳細な解説がありますので是非ご覧ください。
Lightroomでフィルムシミュレーション!その方法を詳しく解説

BASEでは下記サイトにてプロファイルを販売していますでご興味がある方はどうぞ!
BASE SHOP(こちら)


… 世界遺産を大切に …
Copyright (C) 2021 efujisan.com all right reseved Since 1999.
このサイトについてお問い合せはfujisaikei@gmail.comまで.