Lightroomで新たなるプロファイルを発見!
前回ブログで「lightroomでフィルムシミュレーション」の記事を特集して以降、NIKONで撮影のRAWファイルは必ずベルビア風やアスティア風などで 現像して自分好みの色合いを相変わらず楽しんでいる管理人です。
プロビア プロビア

ところで現在FUJIFILMのカメラは新型機種の登場でデジタルカメラ界を牽引しそうな勢いのカメラが多数発売されています。APSセンサーの機種ではX-T3(X-T3) そして上位機種の中判フォーマットカメラGFX50SとGFX50Rが気になるカメラです。
x-t3 gfx50
気になるfujifilmGFX50S(R)の詳細スペックですがは以下の通り
New ファームウエア Ver.3.30
中判フォーマット43.8×32.9mmの5140万画素CMOSセンサー
X-Processor Pro
着脱式369万ドット有機EL電子ビューファインダー
236万ドット静電式タッチパネル液晶背面モニター
マグネシウム合金を使用した小型軽量、高剛性ボディ
防塵・防滴・耐低温構造
フジノン GFレンズ

さらには1億画素センサーを使用したGFX100は2020年1月21日現在121万程度の値段設定になっています。詳細スペックは ここでは省略しますが使いこなせないくらい機能があり魅力満載です。
gfx100
さて、中判フォーマットはフルサイズフォーマットより面積が広く画質が良いのは容易に想像がつきます。ただ私にとってはカメラスペックよりもフィルムシミュレーションによる 色の再現性と階調が非常に気になります。

ここからはNoteというサイトにブログ記事を掲載しています。途中から有料となっていますが購読された方には 購入特典として現在愛用のカメラ機種用のプロファイルを専用機種のコンパイルファイルに変換をしてお渡し可能です。 是非ごらんください。
Noteはこちら


… 世界遺産を大切に …
Copyright (C) 2020 efujisan.com all right reseved Since 1999.
このサイトについてお問い合せはfujisaikei@gmail.comまで.